循環温浴システム

改善のためのポイント

吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)の改善のためのポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)として日々の生活習慣を気をつけることがあげられます。十分な睡眠はニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)予防に大事です。

不規則な生活習慣(毎日繭り返している行動のことをいい、思考や健康状態にも大きな影響を与えます)や睡眠不足(睡眠時間は長いのに、朝起きるのがつらかったり、寝た気がしない場合には、睡眠の質が悪いのかもしれません)はホルモンバランスを崩し、肌のターンオーバー(組織や細胞の入れ替わりをいうことが多いですね)が乱れる元になります。肌のターンオーバーが乱れると角質が厚くなってしまいます。それにより毛穴を塞ぎ、吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)が出来てしまうのです。

また、夜11時〜午前2時頃の時間帯でお肌が作られるといわれています。十分な睡眠をこの時間に取ると肌の回復を早め新たな肌が作られます。ですからニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)のケアには良いものなのです。

女性の場合は、排卵後に普段より吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)ができやすい状態になります。黄体ホルモンの分泌量が増えると皮脂の分泌量が多くなる上に肌が敏感になっていることもよくあるからです。にきびのケアをこの時期は特に念入りにすると良いかもしれません。化粧品の中にもにきびをケアできるはものはいろいろと販売されています。にきびのケアは皮脂の分泌が多い場合は乳液やクリームなど油分の多い化粧品を使わなくても充分なこともあります。

保湿成分のある化粧水などで水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)補給をするだけで良いんです。さらににきびの原因としてストレスがあげられます。ホルモンバランスを崩してしまうからです。肌に(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)がかかる原因は、生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)や食事のリズムが崩れることですので、規則正しい生活がにきびのケアになるでしょう。

温浴やアロマでリラックスしたり、自分なりのストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)発散法でストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)のない体作りをすることも、にきびケアでは注意するべき点です。

 

サイトマップ

Ads by Sitemix